不用品をお金に換える!中高年がメルカリデビューするときの注意点とは【出品編】

ビジネスエンタメ

「メルカリで買うことはあるけど売った経験はない」

「メルカリを使って物を売りたいけど色々大変そう」

メルカリとは「ネットできるフリーマーケット」といわれており、物の売り買いをネットで安価で購入できるサービスで、利用されている方も多いと思います。

中高年の方でもメルカリで気軽に購入はできるけど、出品となると難しそうでなかなか始められないという方も多いのではないでしょうか。

今回は安心して商品の出品ができるよう注意すべきポイントを3つ紹介します。

出品ができるようになれば、これまでは捨てていた物をお金に変えることができるかもしれません。

ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

メルカリで出品する際の注意点を紹介

注意点①出品し郵送するまでの流れを理解しよう

最初に出品するまでの流れを把握することが重要です。

出品するまでの主な流れ

①商品の写真を撮る
②商品説明・値段・発送時期などの必要事項を記入する
③アップロードし、購入者を待つ(値引き交渉の可能性も)
④取引が成立後商品の発送

ここまでがおおまかな流れになります。

詳しくはメルカリのアプリ内で分かりやすく紹介されているのでここでは省略します。
確認したい方は一度アプリで流れのイメージを掴んでみましょう。

注意点②値下げ依頼には慎重に

メルカリにおいて「値下げ交渉」はよくあります。
そこで、値下げを求められた際の対応方法を予め決めておくことでスムーズな対応ができます。

値下げ交渉の主な対策方法とは

・出品する時点で値下げを加味して値段設定をする
・値下げは受け付けないと予め商品説明に明記しておく

などが挙げられます。

商品の需要や価値などで値段は上下することを考慮し、自分のやりやすい方法を検討してみましょう。

注意点③商品の状態はしっかりと伝えよう

出品する商品の状態はできる限り購入者に伝わるようにしておくことが大切です。

情報の行き違いがあると、トラブルの原因に発展してしまう可能性があります。

「とりあえず買ってもらうのが最優先」という考えは危険です。

メルカリには出品する側も購入する側も「評価する」ことができます。

この評価は第三者にも公開され「この人は信頼できるか」を判断される重要な要素になります。

低評価を受け続けてしまうと、その後の取引に大きな影響が出てしまいます。

できる範囲で高評価をもらえるよう、気持ちよく取引ができるよう心がけ対応しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中高年の初めてメルカリをする際の注意点を「出品」に絞り紹介しました。

出品をうまく活用することで、お金を払って捨てていた物がお金に変わり再利用される、という好循環に変えることができます。

最初は難しそうに感じるかもしれませんが、アプリを見ても分かる日々通り数え切れない商品が出品されています。

ちょっとした収入を得るためにも、不要なものを少なくするためにもメルカリの出品を検討してみてはいかがでしょうか。